保育士の仕事の魅力とは

小さな子供の笑顔を見ることができ、子供との強い絆を気づきあげることができます。多くの子供の成長を見守ることができる魅力的な仕事です。

大学を卒業して保育士の資格を取るメリット

すぐにでも活躍できる

都道府県知事が指定する期間であれば、卒業と同時に保育士資格を取得できます。実務経験などが不要になりすぐにでも保育士としての立場で活躍することができますね。

卒業と受験資格を両方得ることができる

卒業資格と一緒に受験資格を得ることができ、学生期間の間に受験への準備が可能です。他の資格取得を並行して目指している人も少なくありません。

複数の免許が取得できる

保育士以外にも幼稚園教諭と小学校の教諭の免許も一緒に取得できる可能性があります。

学ぶ教科によっては他の道も開ける

学校図書館司書教諭・特別支援学校教諭などの資格取得を目指せる教科が多いため、学校を選ぶときには注目してみましょう。

年収面での違いがでる

働く場所にもよりますが、大卒のほうが基本給が高く設定されています。基本給が高いことで賞与などにも違いがでるため、年収面で差がでます。

資格を取りたいとき

園児と先生

保育士になるためには、必要な単位を取得する必要がありますが、その単位を効率的に取得できるのが大学です。実際に4年間学ぶうちに必要な単位を修得し、さらに保育士として生活していく上での必要な知識・技能も身につけることが期待できるからです。現在では多くの大学で保育士資格が取得できるようになっていますが、どこの大学でも通えば良いかと言ったら決してそうではありません。実際に通ったところによって全く対応が違っているので、なるべく慎重に学校は選ぶようにしなければなりません。そこでまず考えておきたいのは、どんな人に教えてもらえるか、また実習はどういったところにいくことになるかです。さらに大学のサポート体制はどのようになっているかなども、しっかりと把握しておくことが重要になってきます。なるべくならしっかりとわかりやすい授業をしてくれると評判の先生がいるところで、さらに実習先は自分の通いやすいところにできるほうが無難です。またサポート態勢ももちろん充実しているところを選ぶほうが、卒業後に社会に出やすいというメリットがあります。

郵送かネットで

園児と先生

保育士に関して学べる大学については、まずは受験し、それに合格しなければそこで学ぶことはできないことになっています。したがってまずは受験の申し込みをしなければなりませんが、その申し込みは郵送かインターネットを利用した方法、どちらかから選べる場合が多くなっています。また申し込みの際はいろいろな書類を添付する必要がある場合もあるので、募集要項をしっかりと見て応募します。応募期間は限られておりいつでも募集しているわけではないので、期間が終わってしまっていないうちに応募しておきます。特に郵送の場合は大学のほうに届くまでに時間がかかってしまうこともあるので、余裕を持って投函すると、まだ届かないと慌てずに済みます。

広告募集中